筋トレとチーズの相性は?!良さそうで実は悪い?!

筋トレといえばタンパク質!

902

筋肉を増やすために必要なものといえば、タンパク質。なんといっても人体のほとんどは(水分を除くと)タンパク質で構成されています。タンパク質がちょっとでも不足してしまうと臓器や脳といった命に直結する部分へと優先的にタンパク質は回されてしまうため、筋肉を増やすなんて事は不可能になるわけです。

では、タンパク質は一体どんな食材から摂ればいいのでしょうか。タンパク質には主に動物性植物性の物がありますが、植物性のタンパク質の多くはアミノ酸スコア的に動物性タンパク質よりも劣っています。つまり、同じだけのタンパク質量を摂取しても筋肉への貢献度が植物性は低いという意味です。

では、動物性タンパク質を更に細かく見ていくと、肉類や魚介類の他に「乳製品」という選択肢があることに気づきます。

乳製品の代表格といえばやっぱり牛乳ですが、牛乳は飲み物ですからあまり「食事」といった感覚はありませんよね。咀嚼することのできる固形物でないと食べた気がしないというものです。

そういう意味ではチーズはとっても美味しく種類も豊富。いろいろな食材との相性も抜群です。というわけで今回は、筋肉とチーズの関係について解説していきましょう。

乳製品の中でもチーズはおすすめできない?

903

牛乳以外の乳製品としてはチーズの他にヨーグルトもあります。細かく言えばバターやクリームも乳製品ですね。では、これらの中でチーズは特に優れた製品だと言えるのでしょうか。

実は残念ながらチーズはヨーグルトよりも劣っていると言わざるを得ません。バターやクリームをたくさん食べるくらいなら、確かにチーズの方が健康的ですしタンパク質もたくさん摂れます。ですがチーズには(一般的に)脂質と塩分が多く、無脂肪かつほとんど塩分が含まれていない製品も多いヨーグルトには勝つことは出来ないと言えるでしょう。

ヨーグルトは「食べごたえ」という点では若干物足りないかもしれませんが、最近人気のギリシャヨーグルなどは濃厚で、フルーツと一緒に食べるなどすると立派なデザートとなります。

糖質制限にはチーズは大活躍!

904

チーズが大活躍する場面といえば糖質制限ダイエットですね。いわゆるMEC食(肉・卵・チーズ)に代表されるように、ヨーグルトには多く含まれている糖質がチーズにはほとんど含まれていません。これはチーズを作る上で乳糖が除去されてしまうからです。

チーズは使い方を間違えなければボディメイクに確かに役立ちますし、適量であれば体に害は与えません。ただ、乳製品だからといって過信しすぎると食生活のバランスを崩してしまいますから気をつけなくてはいけませんね。

TAKEKIN

TAKEKIN

投稿者プロフィール

タケきん(TAKEKIN)

年齢:30代後半
身長:180cm代前半
体重:92.5kg
⇒75kg(筋トレ5ヶ月半後)
⇒85kg(筋トレ4ヶ月半後)
⇒76kg(筋トレ3ヶ月後)

75kgから85kgへの増量はもちろん意図的なものです。リバウンドじゃありませんからね(笑)これも後ほど説明させて頂きますが、ボディビルダーさん始め、ある程度本気で筋肉量を増やそうと思うと、多少脂肪が増えてでも筋肉を増やす増量期と、多少筋肉が落ちてでも脂肪をガリガリ削る減量期に分けて生活を変化させていくものなのです。
スタート時の体重を見て頂ければ分かる通り、とにかく肉体改造前はぽっちゃり体型。色白なのでマシュマロのようなボディでした。
詳しくはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

タケきんのプロフ



タケきん(TAKEKIN)

年齢:30代後半
身長:180cm代前半
体重:92.5kg
⇒75kg(筋トレ5ヶ月半後)
⇒85kg(筋トレ4ヶ月半後)
⇒76kg(筋トレ3ヶ月後)


75kgから85kgへの増量はもちろん意図的なものです。リバウンドじゃありませんからね(笑)これも後ほど説明させて頂きますが、ボディビルダーさん始め、ある程度本気で筋肉量を増やそうと思うと、多少脂肪が増えてでも筋肉を増やす増量期と、多少筋肉が落ちてでも脂肪をガリガリ削る減量期に分けて生活を変化させていくものなのです。 スタート時の体重を見て頂ければ分かる通り、とにかく肉体改造前はぽっちゃり体型。色白なのでマシュマロのようなボディでした。 詳しくはこちら

全記事一覧

ページ上部へ戻る