シックスパッドは腹筋何回分?実際にどのくらいの効果があるの?

腹筋はなぜ鍛えにくいのか

腹筋というのは体のど真ん中に位置するためとても鍛えにくい部位です。腕や脚であればダイレクトに筋肉を動かすことができるのですが、腹筋は腹筋だけを鍛えようと思っても必ずその上下・前後の筋肉にまで中途半端に負荷が掛かってしまいます。そのため運動量(しんどさ)の割には強い刺激を腹筋に入れることができないのです。

これはプランクやシットアップ、クランチ、腹筋ローラーなどどんな腹筋系トレーニング種目でも共通して言えることです。腹筋を狙いうちするためにはシックスパッドを使うしか方法がないというのが現実なのです。

シックスパッドは腹筋何回分?

さて、この今話題のシックスパッド。電気刺激によって筋肉を自律的に収縮させるこの器具は、果たして腹筋何回分の効果があるのでしょうか。

実はシックスパッドが腹筋何回分の効果を持っているかについては公式には発表されていないのです。発売元のMTG社によると、腹筋運動というのはそもそも個人の体格によって運動量が大きく異るため、それとシックスパッドの比較というのは意外と難しいのだそうです。

ただし、私も筋トレの経験値に関しては素人レベルではありません。その私の経験上から言わせてもらうと、同じ時間だけ腹筋運動とシックスパッドを実施したとすると、シックスパッドの方が3倍以上は効果が高いと感じられました。もちろんこれは私個人の主観・感想であって科学的な根拠があるわけではありません。あくまでも一人の筋トレマスターの率直な感想では、という意味です。

シックスパッドをつけながら腹筋したらどうなる?

一般的な腹筋運動(クランチやプランク、腹筋ローラー)にもメリットはあるものの、労力に対する効果で考えればシックスパッドが非常に優れているというのはご理解頂けたかと思います。

しかし、人間とは欲張りなもの。シックスパッドと腹筋運動を両方同時に組み合わせたらとんでもない効果を得られるのではないかと考えるのは自然なことですね。私だけじゃないはずです…。

で、実際にやってみた結果!ハッキリ言って効きすぎて悶絶!腹筋、引きちぎれるかと思いました…。うん、やはりシックスパッドは普通に使うべきですね。皆さんマネしないように。

というわけで、今回はシックスパッドの効果や、具体的に腹筋何回分に相当するのかについてまとめてみました。しんどい腹筋のトレーニングですが、シックスパッドさえあれば効率をガンガン高めることが可能です。皆さんも実践してみましょう!

TAKEKIN

TAKEKIN

投稿者プロフィール

タケきん(TAKEKIN)

年齢:30代後半
身長:180cm代前半
体重:92.5kg
⇒75kg(筋トレ5ヶ月半後)
⇒85kg(筋トレ4ヶ月半後)
⇒76kg(筋トレ3ヶ月後)

75kgから85kgへの増量はもちろん意図的なものです。リバウンドじゃありませんからね(笑)これも後ほど説明させて頂きますが、ボディビルダーさん始め、ある程度本気で筋肉量を増やそうと思うと、多少脂肪が増えてでも筋肉を増やす増量期と、多少筋肉が落ちてでも脂肪をガリガリ削る減量期に分けて生活を変化させていくものなのです。
スタート時の体重を見て頂ければ分かる通り、とにかく肉体改造前はぽっちゃり体型。色白なのでマシュマロのようなボディでした。
詳しくはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

タケきんのプロフ



タケきん(TAKEKIN)

年齢:30代後半
身長:180cm代前半
体重:92.5kg
⇒75kg(筋トレ5ヶ月半後)
⇒85kg(筋トレ4ヶ月半後)
⇒76kg(筋トレ3ヶ月後)


75kgから85kgへの増量はもちろん意図的なものです。リバウンドじゃありませんからね(笑)これも後ほど説明させて頂きますが、ボディビルダーさん始め、ある程度本気で筋肉量を増やそうと思うと、多少脂肪が増えてでも筋肉を増やす増量期と、多少筋肉が落ちてでも脂肪をガリガリ削る減量期に分けて生活を変化させていくものなのです。 スタート時の体重を見て頂ければ分かる通り、とにかく肉体改造前はぽっちゃり体型。色白なのでマシュマロのようなボディでした。 詳しくはこちら

全記事一覧

ページ上部へ戻る