筋トレビフォアアフター【脚・お尻】5ヶ月半でここまで変わった方法

脚が細いと絶対に馬鹿にされるのだ!

上半身が鍛えられているのに、下半身が細い人のことを「チキンレッグ」と言います。もちろんこれは褒め言葉ではなく、侮辱的な表現ですね。脚トレはとれもキツいのですが、それだけに逃げてはいけません。強い下半身が無ければ強い上半身も結局は作れないのです。やはり土台が肝心というわけですね。

脚は筋トレの王道「スクワット」で徹底的に!

脚の筋トレといえばやはりスクワットです。特にバーベルを担いでのフルスクワットは大腿四頭筋とハムストリングスを中心にその関連筋群に大きな刺激を与えてくれます。

脚を鍛えるにはレッグエクステンションやレッグカール、レッグプレスなどいろいろなマシンがありますが、やはり高重量のスクワットで鍛えた筋肉は迫力が違います。
2016113013
バーベルが無い場合は両手にダンベルを持ってのダンベルスクワットや、両手でダンベルを一つ持ち、体の中心位置でぶら下げながら行うハックスワットも効果的です。

臀筋はヒップスラストで攻める!

鍛えにくいイメージが強い臀筋ですが、スクワットである程度刺激は入ります。そして更に「ヒップスラスト」という種目を追加することで更に引き締まったお尻を作ることができるのです。

ヒップスラストでは他にもハムストリングスに強い負荷がかかります。画像のように自重のみでやってもかなりの引き締め効果を感じることができると思いますよ。

慣れない内は脚がつりそうになるかもしれません。運動前と運動後のストレッチは欠かさないように注意しましょう。
2016113014

ふくらはぎも忘れないでね。

せっかく脚部を鍛えてもふくらはぎ(カーフ)を忘れてしまっては画竜点睛を欠くと言うものです。ふくらはぎは短パンを履いた時など確実に人から見られる場所です。しっかりと鍛えておきたいですね。
2016113016
ふくらはぎはカーフレイズという種目で鍛えます。いろいろなバリエーションがあるのですが、最もポピュラーなのは「つま先立ちを繰り返す動き」ですね。これを片足ずつ、片手にダンベルを持っておこないます。空いている方の手は軽く壁に添えてバランスをとりましょう。

カーフレイズは1セット50回ずつ。それを3セットを目処に行います。

TAKEKIN

TAKEKIN

投稿者プロフィール

タケきん(TAKEKIN)

年齢:30代後半
身長:180cm代前半
体重:92.5kg
⇒75kg(筋トレ5ヶ月半後)
⇒85kg(筋トレ4ヶ月半後)
⇒76kg(筋トレ3ヶ月後)

75kgから85kgへの増量はもちろん意図的なものです。リバウンドじゃありませんからね(笑)これも後ほど説明させて頂きますが、ボディビルダーさん始め、ある程度本気で筋肉量を増やそうと思うと、多少脂肪が増えてでも筋肉を増やす増量期と、多少筋肉が落ちてでも脂肪をガリガリ削る減量期に分けて生活を変化させていくものなのです。
スタート時の体重を見て頂ければ分かる通り、とにかく肉体改造前はぽっちゃり体型。色白なのでマシュマロのようなボディでした。
詳しくはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

タケきんのプロフ



タケきん(TAKEKIN)

年齢:30代後半
身長:180cm代前半
体重:92.5kg
⇒75kg(筋トレ5ヶ月半後)
⇒85kg(筋トレ4ヶ月半後)
⇒76kg(筋トレ3ヶ月後)


75kgから85kgへの増量はもちろん意図的なものです。リバウンドじゃありませんからね(笑)これも後ほど説明させて頂きますが、ボディビルダーさん始め、ある程度本気で筋肉量を増やそうと思うと、多少脂肪が増えてでも筋肉を増やす増量期と、多少筋肉が落ちてでも脂肪をガリガリ削る減量期に分けて生活を変化させていくものなのです。 スタート時の体重を見て頂ければ分かる通り、とにかく肉体改造前はぽっちゃり体型。色白なのでマシュマロのようなボディでした。 詳しくはこちら

全記事一覧

ページ上部へ戻る